◆最新イベント情報◆
☆退職戦隊ヤメレンジャー情報☆

好評の退職戦隊ヤメレンジャーの動画!
寿ピンク・倒産ブラック編を追加☆
↓クリックしてね↓

退職戦隊ヤメレンジャー【寿ピンク・倒産ブラック編】

お陰さまで20,000アクセス突破!!
↓クリックしてね↓
30男のマラソン体験ブログ開始!
↓クリックしてね↓

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackgack -- |  Comment --  | 【スポンサー広告

2/14,15 点滴&CPM 

2/14は、バレンタインデー
しかし、俺は点滴デー
点滴

朝起きてトイレに行く為、松葉杖を使用したら
「いてー」
術部がいてー…
倒れそうになるのを何とか防ぎ、
車椅子で移動することにした。

しかし、人間の回復力は凄いもので、
午後には、短距離なら松葉杖で移動可能となった。

あまり移動出来ない&点滴…
ベット上に居るしかないので、とりあえず仕事。
それと、病院に「魁!男塾」があるので、
久しぶりに読み、無茶苦茶な話しに一人笑いながら
男を磨いた

そんな、31歳のバレンタインデーでした。
看護師もくれないんだなぁ…

-----------------------------
2/15、今日からCPMという機械でのリハビリが開始。
膝を曲げ、伸ばしする機械。午前午後1時間ずつ行う。
これをしている時は、PCも出来ないので、
「魁!男塾」でさらに男を磨く。
CPM

午後からは、リハビリ室のリハビリも開始
これが結構、辛い。リハビリは大変だー。

病院生活にもだいぶ慣れてきて、
仕事やFPの勉強を病院イベント(?)の間に
うまく出来るようになった。
病院にて、健康保険や介護保険、年金の勉強するなんて
おつなもんだ。

退院予定まであと一週間。
どれくらい痩せられるかなー。
スポンサーサイト

2/13 ③恐怖の6時間安静 

31年間、色々な苦しみを味わってきたさすがの俺も
術後の「6時間ベット上安静」には、弱音を吐いた。
しかも、母に…人生初ではないだろうか?

とにかく、呼吸がしずらい
全身麻酔は、肺機能が低下するので、酸素マスクで補助する。
そして、気道確保の為、枕はなし、少しの寝返りもできない。
その状態を3時間維持しないといけない。
これがとにかく辛かった。

そして、麻酔がきれると共に増す、術部の痛み
さらに、風邪のせいか、頭痛、喉痛もひどくなる。

そして、最強に辛いのが「腰の痛み
6時間仰向け状態は、異常に辛い。

地獄の苦しみだった。
あと、数時間これをすると思うと、心が萎える
母にそう言っていた。

母が帰る時に言った「ありがとう」の言葉は
母に対して今までで、一番、心がこもっていた気がする。

22:30 ベット上安静が終了
まず、身体を横にして、水を飲んだ。
25時間30分ぶりの水

23:00 食事をする
26時間ぶりの食事だ。
全身にしみわたる感じがした。
食べるたびに、少しずつ体調も良くなっていく気がした。
しかし、完食する事は出来なかった。
術後初の食事

安静解除時の気持ちは、何とも言い表せない。
とにかく「やっと終わった」って感じだ。

食後、おそらく、0時前には就寝していただろう。
今日は、どんだけ寝たんだろう。
でも、寝れなくて苦しむよりいいや。

いやぁ、終わってよかったー

2/13 ②手術 

面白看護師さんは、その後も何度かベットに来て、言う。
「あと少しですからねー、緊張しますよねー」

そんな何回も「あと少し」と言われたら、ドキドキするわい!!

看護師さんもだし、母もそうだし、
本人より周りの人の方が、緊張してる。

そうこうしているうちに、ついにその時がきた。

面白看護師が右手を高く突き上げ。
「よっしゃ、ガンバロー!!」

この看護師のお陰で、冷静でいられるのかもな…

面白看護師さんとは、手術室前でお別れ、
術室看護師に引き渡され、ベットに寝る。
手術室は広く、真中にベットがポツンと置かれている。
ベットの上には、よくドラマで目にする大きなライトが二台

術室看護師、麻酔師、執刀医師に声をかけられながら、
色々な機材が装着されていく。
その時!!
俺の右腕に、冷たい液体が流れ込むのを感じた。
これが、麻酔か!!
っていうか「麻酔行きまーす。とかないんかい!!」
って思った次の瞬間は、病室のベットの上だった。
酸素マスク

まったく、記憶がございません。
あったら、いやだけど…

ベットに着いて、間もなく、先生が来て、母に術の説明をしている。
聞くのが精一杯で、反応は出来ない。
半月板の手術のみ、靭帯は問題なかった。
右足は痛みが出たら、やりましょう


無事に終わって、良かったー。

しかし、これから地獄のベット上安静が始まるのだった…

2/13 ①手術日の面白看護師 

このブログは、点滴をうたれながら、
ベットに横になり作成している

まさに、術前に作成しているのであ~る。

8時過ぎに、看護師の声で起きた。
起きてすぐに、体温、血圧、脈の測定。
喉が痛い…頭痛もある…
症状を看護師さんに告げた。

10時頃、二度目の体温、血圧、脈の測定。
体調不良に関しては、あとで採血をして
炎症を起こしているか調べるらしい。

今日、担当する看護師さんが面白い感じの人で、
俺の左足を確認し、
「う~ん、わたし的には納得しないなー」
といって、再度、剃毛することに。
「私、AB型なんだけど、こういうところ細かいんですよー」と言う。

「人の気にならない所を気にする、
変わりものだからABなんじゃ…?」
って心の中でツッコミ、されるがままに剃られた。

その後、恐怖の浣腸を終え、点滴をする事に。
またまた、おもしろ看護師は言う。
これは、良い血管ですねー。刺しやすい。
行きますー…………はぁ、失敗したー


えーーーー!
びっくりしたけど、すぐにフォロー。
「大丈夫ですよ、痛くないから気にしないで。
もう一回やりましょう」

この血管で失敗したなんてーーー。
あー、もう駄目だ。術前に気なんか使わないでください。
私、術日の人には二回以上しないって決めてるんです。
他の人に頼みます!!待ってて下さい


そのよくわからない、こだわりもABでは…
ちなみに、点滴の注射は痛いと言うが、
俺はそんなに痛みを感じなかった。
採血よりちょっと痛いくらいだね。

そして、おもしろ看護師は採血の為、三度登場。
「採血は大丈夫なんです。久しぶりですけど…」

久しぶり?

「ふー。良かった。無事終わって」

えーー!そんな安堵の表情しないでよ、不安になるー。

という事で、おもしろ看護師のお陰かわからないけど、
術前のいま、緊張はしていない。

あと、二時間後に、手術じゃーーー
手術前

2/12 ③術前最後の・・・ 

風呂から上がり、息つく間もなくリハビリ説明
松葉杖の練習とアイシングの説明。
リハビリは五日ほどで、
退院時には、松葉杖は必要ないらしい。

病室に戻ったら、もう夕食が配膳されていた。
術前、最後の晩餐だ。
明日の分までと思い
いつもより、多めに噛んでおりますぅ
術前最後の晩餐

食後は、談話室で日記を書き、
会社の後輩からの電話に対応した。

談話室では、患者たちがUNOで楽しんでいる。
老若男女さまざまで、かなり賑やかだ。
やはり整形外科は、仲良くなりやすいのだろうか…
俺も術が終わったら、仲間に入れてもらおうかな。
せっかく、入院してるんだし、楽しまないとねー。
彼らの宴は、就寝後、22時まで続いた。
結構、ゆるい病院なのかもね。

ベットに戻り、寝る準備に入った。
病院内が寒かったせいか、鼻水が止まらなくなってきた。
少し、喉も痛い…不吉だ…

2/12 ②剃毛 

昼食を終えると、その後の予定まで
時間があったので、談話室でFPの勉強をした。
今回の手術入院で、高額医療限度額を摘要するので
高額医療を含む、健康保険について勉強した。

そうしていると、看護師に
「そろそろ、やりましょうか」と声をかけられた。
何をするのかというと、剃毛!!
膝の手術だが、足は付け根から足首まで剃るらしい。
処置室に入り、毛が剃られていく…
処理が終わった足を見て、
「俺の足は白いなー」なんて思う。
どれくらいで毛が伸びるのだろうか…
剃毛の足

ベットに戻り、仕事をした。入院してまで、仕様書作成。
集中してやれてしまう事に、虚しさを感じた。

続いて、手術室看護師の説明を受けた。
ここで、術前後が具体的にわかった。
まず、朝から点滴を打つ
この点滴の針が太くて痛いらしい…嫌だ…
そして、呼び出しがあったら、歩いてオペ室へ。
そこで、麻酔注入
血管に入るのがわかって、非常に痛いらしい…嫌だ…
術後はアイシングを行い、ベットに6時間安静。
夕食は、採れたらとる。そんな感じだ。
徐々に明らかになる手術の手順。
緊張感が増してくる

その後、風呂に入る。
術前最後の風呂を楽しんだ…と言いたい所だが、
シャワーの水温調整が困難で…
なんだか、不吉な感じ…

2/12 ①病院到着 

今にも雨が雪に変わりそうな悪天候の中、
病院に着いた。

受付を済ませ、フロアを移動し、
看護師から入院説明を受ける。

俺の術順は、4件目(その日の最後)
開始時刻は、15~16時らしい。
術前は、飲食が一切禁止なので、
遅いのは、かなり辛い。
術は、内視鏡で確認した上で、内容が変わる、
1~1.5時間くらいだ。
術後は、6時間ベット上安静なので
ベットから出れるのは、日が変わる頃だろう。

食事は術後、3時間程で出来るらしいが、
全身麻酔の影響で、食べられない可能性もあるらしい。
そうなると、一日断食だな…

説明が終わり、相部屋の皆さんに挨拶をして、
4人部屋の入り口側のベットに到着。

んっ!?TVが無い!!病院のTVと言えば、
ベット脇の棚の上にあるはずだ。
辺りを探すと間もなく発見。
なんと!!天井から液晶TVが吊り下げられている。
新しい感じで、よいねー。
病院TV


荷物を整理して、入院着に着替えたら、食事が運ばれてきた。
初の病院食だ!!!なんて、喜んでいる場合じゃなかった。
「このコロッケ、怪しい。衣の中に緑色が見える。
まさか、俺の大っきらいな、あのカボチャコロッケでは?」
中を確認したら、予想は的中していた。
カボチャコロッケは、母にあげた。
不吉な始まりだ…
入院日

退院だぜ!! 

いやぁ、ついに退院しました!

見舞い、メール、コメントなど
心配して頂いてありがとうございました。


まだ、片松葉での歩行だし、痛みもあるので、
自分的には、もう少し入院してた方が・・・
なんて思ってます。

通常世界に出て、感じた事は
「バリアフリーの重要性」「人の優しさ」です。
こんな時でしか、実感出来ない事なので、
しっかり心に刻みたいと思います。

院内でも、色々なものに触れ、感じてきました。
そんな、11日間の院内ライフを振り返りたいと思います。

それでは!入院日に遡ってみましょー。

入院 

ついに、入院日がやってきた。
これから始まる2週間の
未知の世界の冒険」に
胸躍らせて、家を出発する…

いやいや、そんなRPG的な
かっこいい感じじゃなくて、
手術やリハビリ…不安がいっぱいじゃー!!

でも「やるっきゃナイト」ってことで、
自分でテンション高めて、頑張ってきまーす。

暇な人は、見舞いにきてねー。
携帯はおそらく、つながると思うので。

病院は、鶴見の佐々木病院です。

では、いってきまーす。
また、逢う日まで!!

術前!!ラストワーク 

術前、最後の仕事が終わった。

残件整理など忙しかったけど、
嬉しい事がいくつかあったので、
よい、最終日となった。

お客さんからは「全身麻酔は、起きない事もあるからね…
なんて事を何度も言われ脅された。
でも「お大事に!無事、戻ってきてください」と
最後には暖かい言葉をくれて本当に嬉しかった

お客さんは、大切にしなきゃな!!って強く思った。

恵比寿のお客さんなんて、
おそらく、お見舞いに来てくれるんだと思います。
グーグルマップで病院をチェックしてましたから…

いやぁ、楽しみに待ってますよーーーー

来るんだよね?

来るでしょ?

必ず、こいやーーー(高田風)

合格!! 

FPの提案書が
合格しましたー
いぇーーい!!
AFP認定書

といっても、
2級FP技能士の受験資格を得ただけで、
本当の勝負はこれからですけどね。

FPって資格は、少し複雑で、
「ファイナンシャル・プランニング技能士(1~3級)」(国家資格)
「AFP、CFP」(日本FP協会が認定する民間資格)


私は「FP技能士(2級)」を受験予定なのですが、
これを受験する為には、
「日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者」
という条件があって、今回の提案書は、
この「日本FP協会が認定する~」の認定を受けたのです。

5月の試験にむけて、勉強のペースを上げないといけないので、
「年金に詳しい人、宜しくお願いします!!」

白銀の上大岡 

降ったね!積もったね!滑ったね!!

上大岡も白銀の世界となりました。
雪の街


横浜でこんなに積もるのは
久しぶりなんじゃないかね?

子供の頃は、毎年、積もってた気がするなー
(横須賀だけど)

雪だるま、雪合戦、スキー・・・
雪に大ハシャギだったなー

しかーし、今日は、雪だるまの姿がどこにもない!!

子供達は、雪ごときでは、テンションを上げなくなって
しまったのだろうか?
なんか、寂しい気がする。

そんな俺も、洗濯が出来ねーよ!ってテンション低めで
白銀の世界を眺めているが・・・
雪のベランダ


こんなんじゃ、いかん!子供心を忘れちゃいかん!!
よっしゃー、外行くぞー・・・・・・・・

風邪ひいたら、まずいな・・・ころんで怪我したら、まずいな・・・
やっぱ、辞めよ。無理はいかん!

子供心は、忘れちゃいかんが、
「ご利用は計画的に」だな。

皆さんの住んでる所は、どんだけ、積もりましたかぁ?

急募!! 

さぁ、ついに手術まであと2週間ということで、
2月がスタートしましたね。

徐々に、緊張感、恐怖感が高まってきましたが、
FPの勉強もそろそろ本格的に始めないといけない!!

提案書は、提出したんですが、試験勉強の方は
まったく進んでいないので、2月の始まりと共に
やらなきゃなーと感じている、今日この頃…

しかし、FP試験は広く浅く、知識が必要!!
と言いながらも、一つ一つ確実な知識習得が
必要だから、苦戦必至です。

そんな中でも、重要かつ難しいのが「年金」

一種の「流行りもの」でもあるので、
確実に出題されることが予想されるが、
これがひじょ~に難しい。

「誰がこんなに複雑にしたんだ!!」って
言いたくなりますよ。

ということで、当ブログを見て頂いている方々に
ご協力を願いたいのですが…

「年金について詳しい方、いませんか?」
ちょっとだけ、わかり易く、ご教授願いたいなー
なんて思いまして。

もし、本人もしくは、ご友人が詳しい場合は
ご連絡ください。

本気で!!お待ちしてますので、
よろしくお願いします。

夕飯、ご馳走しますので・・・ えっ!安い?
そんなこと言わないで・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。